事情があって、会社を辞めたいのに、会社が辞めさせてくれない !!
そんな時、会社が退職することを了解しなければ、いつまでもその会社で働き続けなければならないのでしょうか。

そんなことはありません。
それでは、不当な人身拘束になってしまいかねません。

雇用期限を決めずに雇用されている人(正社員は大体がそうですね)は、退職したい日の2週間前に「辞めます」と言えばいいのです。
極端に言えば、辞めますと宣言し、2週間を経過した日に退職が成立しますので、出勤しなくてもいいのです。

ただし、「辞めさせてください」との表現は、経営者(使用者)の同意を得て辞めることを前提にしていますので、言ってはいけません。
「引き止めたってだめですよ。会社が何と言おうと私は辞めます」との、強い気持ちで断固対応することが必要です。

民法627条(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)は、「雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する」と定めています。
この民法の規定によれば、経営者も労働者も、それぞれ2週間前に申し出ることによって、雇用契約を終了させることができます。
この民法の規定によれば、経営者は2週間以後の日を指定して労働者を解雇することもできることになります。

しかし、労働者が2週間後にクビといわれることは、直ちに生活が窮迫に陥れられることになりますので、労働基準法で「30日前に予告する」こととされています。